超高性能な最新GPU、GeForceGTX980Ti搭載パソコン!

話題沸騰、大人気の最新高性能GPU「GeForce GTX980Ti」
BTOパソコンでも、GeForce GTX980Tiを搭載したパソコンが続々登場しています。

眺めてみると各ショップとも仕様がなにかと違うので、標準でGTX980Tiを搭載した2機種を比較してみましょう

比較する機種
  • ドスパラ・GALLERIA XI
  • マウスコンピュータ・NEXTGEAR i640PA5-SP3

ドスパラ・GALLERIA XI

CPU Core i7-4790
メモリ 8GB(4GB×2)
チップセット H97
グラフィックボード GeForce GTX980Ti 6GB
OS Windows7/8.1
HDD/SSD HDD 2TB
電源 Silverstone製 750W/80PLUS SILVER
標準構成価格 209980円(税別)

ドスパラのGALLERIA XIは、H97チップセット搭載マザーボードにCPUはCore i7-4790・メモリを8GB搭載という構成のモデルです。
どちらかというとコスパ重視のマシンに、GeForce GTX980Tiを載せたといった印象ですね。

コストパフォーマンスは良好で、209980円という価格に収まっています。
GeForce GTX980Tiのグラフィックボードが単体だと約11万円ということを考えるとグラボ以外は10万円ぐらいということになります。

ポイントとして、電源が強力で、大容量電源には定評のあるSilverstone製の750W電源を搭載しており、電源の安定性と耐久性はかなりのものです。
電源効率も80PLUS SILVERと、消費電力の大きいゲーミングパソコンでも安心です。

このままでも高性能ですが、プレイするゲームによっては、メモリを16GB程度にカスタマイズするとさらに快適になります。
せっかくの高性能パソコンなのでSSDを搭載するのもアリですね、ゲームのプレイだけでなく、全体的な動作がキビキビするでしょう。
メモリ16GB、SSD250GBカスタマイズすると+24460円となります。

マウスコンピュータ・NEXTGEAR i640PA5-SP3

CPU Core i7-4790K+高性能サイドフローCPUクーラー
メモリ 32GB(8GB×4)
チップセット Z97
グラフィックボード GeForce GTX980Ti 6GB
OS Windows8.1
HDD/SSD HDD 2TB
電源 700W/80PLUS BRONZE
標準構成価格 229980円(税別)

Z97チップセットにCore i7-4970Kというオーバークロックも可能なゲーマー向きの組み合わせに、メモリが32GBも搭載しているハイエンドゲーマー向けのモデルです。

CPUクーラーもCoolerMasteのHyper 212 EVOという高性能モデルを搭載しています。

電源は容量700W・80PLUS BRONZEの電源を搭載しており、電源容量は十分ですね。

ここまでしっかりした構成だと、どうせなら240GBぐらいのSSDも搭載しておくのがオススメです。
それどころか「後はSSDさえあれば」という印象すら受けます。

カスタマイズでのSSD追加は、Kingstonの240GBで+13900円、インテルの240GBで+17900円です。
本体価格が税抜で25万円以内に収まると考えるとトータルバランス的にもアリでしょう。

ちなみに、このマシンはWindows8.1のモデルですが、一応Windows7モデルもあります。
メモリを32GB搭載しているので、Windows7 Professionalを選ぶ必要があり、価格は少し高い234,800円(税別)です。

それぞれの特徴は?

ドスパラ・GALLERIA XIとマウスコンピュータ・NEXTGEAR i640PA5-SP3
どちらもGeForce GTX980Ti搭載のゲーミングパソコンですが、そのあり方は違います。

前者はコスパ重視の高性能パソコンにGTX980Tiを搭載したような印象で、後者はトータルバランスでハイエンドゲーミングパソコンに仕上げているという印象です。

どっちがいいのか、というのは実を言うと好みの問題です。
メモリの搭載量の差は大きいですが、ゲーミングパソコンの性能の7割がGPUによって決まります。
残りの要素で大きなウエイトを占めるCPUの性能差が大差ないこの2機種では絶対的な性能ではそれほど差はありません。

ただし、後者のZ97チップセットに「K」付きのCPUという組み合わせは、オーバークロックでCPU性能をさらに底上げできる利点があります。
その点ではマウスコンピュータ・NEXTGEAR i640PA5-SP3の方に分があります。

ドスパラ・GALLERIA XI側の利点では電源が強力というのがひとつメリットとして挙げることができます。
さらに、他のSeaSonic製などの高品質な電源にカスタマイズすることも可能です。
ハイエンドグラフィックボードを搭載したパソコンの場合は、このように電源の品質に注視できるのも、安心できるポイントといえます。

ちょっと強引で乱暴な意見でまとめてしまうと、高性能なグラフィックボードを搭載し、なおかつ安定して使える電源があればそれでいいと思います。

もちろん、CPUやメモリも重要ですが、BTOパソコンでGeForce GTX980Tiのようなグラフィックボードを搭載できるモデルなら、高い水準でそれらの要求は満たしています。

→その他のゲームパソコンの情報はこちら

2015/07/10 18:53:10

パソコン本体

PC関連

特集ページ

最新記事

このページの最上部へ